診断の基本的な流れ

現在ご提供可能な資料・情報をご提示いただき、
サービス提供の準備を進めさせていただきます。

事前調整

実施

報告

改修確認

事前調整
  • お引き合い
    ・ Web アプリ診断なら
    企画書、サービス概要、設計仕様書、
    実際に動作可能なデモサイト
    ・ ネットワーク診断なら
    IP数とネットワーク構成図
    ・ ネイティブアプリケーション診断なら
    ファイル数、アプリケーションの概要

    この時点で実施ご希望時期も承り、
    日程仮押さえも可能です。

  • 診断範囲と
    仕様の調整
    お見積
    icon01

    ご予算に合わせて診断範囲・対象や診断仕様をご提案し、
    お見積いたします。

  • 日程調整
    icon02

    診断範囲と仕様から予想される診断日数を算出し
    ご希望の診断日程を調整させていただきます。

実施
  • 診断作業
    結果分析・
    報告書提供
    icon03 icon04

    ・診断作業の実施
    ・重大な問題発見時のエスカレーション
    ・報告書

    ※緊急性の高い脆弱性が検出された場合、テキストベースの速報を送信
報告
  • ご報告会
    (オプション)
    icon05

    ・報告会の実施
    ・質疑応答

    脆弱性が発見された場合、お客様側で修正・対処のご対応となります。
改修確認
  • 改修確認
    (3ヶ月以内)
    icon03

    報告書に記載の推奨事項がサーバ側で反映されているか確認いたします。