1. ホーム
  2. ニュース
  3. グループ会社のセキュアソフト、キヤノンMJ様とセキュリティ運用監視サービ スで協業発表

グループ会社のセキュアソフト、キヤノンMJ様とセキュリティ運用監視サービ スで協業発表

その他 2019.6.25

弊社のグループ会社である株式会社セキュアソフト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:姜 昇旭、以下セキュアソフト)はキヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)とセキュリティ運用監視サービス事業で協業を発表しました。

セキュリティ機器のログを収集・分析し、インシデントの監視・検知を行うセキュリティ機器監視(SOC※1)サービスを7月上旬、キヤノンMJより提供開始します。

詳しい内容はセキュアソフトのホームページにてご覧いただけます。是非ご覧いただきますようお願いいたします。

セキュアソフト ニュースリリース(新しいタブで開かれます)

※1 Security Operation Centerの略。今回提供するSOCサービスは弊社e-Gateをベースとしています。

 

今回の協業について、各種メディアに記事が掲載されました。(リンク先には新しいタブで開かれます)

■日経xTECH、6月25日付

「キヤノンMJとセキュアソフトがSOCサービス、侵害発生時の支援も」

■マイナビニュース、6月25日付

「キヤノンMJ×セキュアソフト、SOCサービスで協業」

■クラウドWatch、6月25日付

「キヤノンMJ、セキュアソフトとの協業によりセキュリティ機器監視(SOC)サービスを提供」

■ASCII.jp、6月25日付

「キヤノンMJ、エンタープライズ向けSOCサービスを提供開始」

■ZDNet Japan、6月25日付

「キヤノンMJ、セキュリティー機器監視サービスを開始」

■Tech Republic Japan、6月26日付

「キヤノンMJ、セキュリティー運用監視サービス–セキュアソフトと協業」