1. ホーム
  2. ITセキュリティ製品
  3. SecureSoft Sniper ESM

SecureSoft Sniper ESM

SecureSoft Sniper ESMは、SecureSoft Sniper IPSを統合管理するためのソリューションです。
SecureSoft Sniper ESMを導入することによって複数のセンサーの管理がより簡単で、効率的に運用できます。
センサーから収集されたワーム、ハッキング、不正行為等の攻撃検知情報を集約し、レポート作成、統計処理を一括で管理できます。

提供機能

  • ・SecureSoft Sniper IPSのステータス管理
  • ・SecureSoft Sniper IPSログの集約管理
  • ・複数センサーからの検知イベントを1画面に集約させた運用・管理
  • ・レポートの自動作成

特徴

統合管理
SniperシリーズのGUI機能の使いやすさをそのままに統合管理を可能にしました。
センサーの検知ポリシーを1台ずつ運用しなければいけないわずらわしさをSecureSoft Sniper ESMを導入することによって解決できます。
検知ポリシーの管理における管理者の手間が軽減できます。
リアルタイムの情報から、統計情報、システム監査などSecureSoft Sniper ESMにより統合管理が可能です。
ESMメニュー
  • ・追跡ツール
  • ・報告書作成

リアルタイム情報

検知/防御 検知情報
検知統計
遮断情報
トラフィック 全体
センサー別

統計情報

検知/防御 ランク統計
推移統計
トラフィック 全体
センサー別

システム監査

管理履歴 作業履歴
接続履歴
状態確認 時間同期化
ファイル整合性
状態確認
DB管理 DB設定
保存装置管理

環境設定

管理者 管理者設定
連動センサー センサー設定
IP POOL

構成

SecureSoft Sniper ESMは3つのコンポーネント構成でSecureSoft Sniper IPSからの情報を管理します。

仕様

SecureSoft Sniper ESMインストール仕様

SecureSoft Sniper ESMはソフトウェアになります。製品のご利用にあたり、下記をご準備いただく必要があります。

  区分 仕様
1 SecureSoft Sniper ESM Console Windows Server 2008/2012
2 SecureSoft Sniper ESM Server (Windows/MS SQL)Server 2008/2012
3 DBMS MS SQL Server 2008 R2/2012

SecureSoft Sniper ESMハードウェア仕様

SecureSoft Sniper ESM用にご準備いただく、ハードウェアは連動するセンサー数やログの保存期間などにより異なります。
SecureSoft Sniper ESMご購入の際に、ご相談ください。

SecureSoft Sniper ESM 性能仕様

  区分 仕様
1 運動センサー数 最大20台
(Enterpriseライセンス利用)
2 イベント収集件数 最大3000件/sec
(全連動センサー合計)
3 推奨ログ保存容量 1TB・1TB以内のデータを維持しながらイベントの収集、データの照会が可能な推奨値です。

SecureSoft Sniper ESM ライセンス仕様

  ライセンス名 最大連動センサー数
1 Sniper ESM Standard 3
2 Sniper ESM Advanced 10
3 Sniper ESM Enterprise 20